理学療法士になりたい人向け!理学療法士専門学校を選ぶ際のポイントなどを紹介

このサイトでは理学療法士に就業して将来の職業生活を目標に掲げている方にむけて、受験生活やその後の就職までを視野に入れて活用できるコンテンツを各種御紹介しています。
国家資格であり専門的知見を必要とするため専門学校を経由して受験生活を乗り切ることが基本的なルートになります。
国家試験を意識した内容であればどこの学校を選んでも同じと考えがちですが、学校選びは周辺環境もふまえて慎重に判断しないと後日後悔するかもしれません。

理学療法士になりたい人向け!理学療法士専門学校を選ぶ際のポイントなどを紹介

理学療法士の国家試験を乗り切るには専門学校を経由して、専門カリキュラムを習得するのが一般的です。
理学療法士の専門学校を選ぶときのポイントは、通学しやすさと周辺環境に着目することです。
知名度だけに着目して、学校を選んでしまうと通学時間が長くなり肝心の授業や実習に十分向き合えない可能性があるからです。
周辺環境で重視するべきなのじゃ、キャンパスライフを送る上での商業施設などの充実度、辺鄙な場所では何かと不便で就業意識も低下しがちになります。

理学療法士専門学校は就職先の充実度で選ぼう

医療機関での活躍を目指すなら、資格の取得も考えていきたいところです。
医療関係にも多くの仕事がありますが、リハビリを提供する仕事に就くなら、理学療法士を目指してみてはいかがでしょうか。
理学療法の勉強は専門学校で行うことができます。
理学療法は独学で学ぶことはできず、養成学校で3年以上学ぶ必要があります。
立つ・歩く・座るなどの基本動作の回復を中心としたリハビリテーションを行うことになります。
学校でしっかりと学び、資格も取得したあとは就職先のことも考えていかなくてはなりません。
活躍できる場所は病院だけではなく、実に多くの就職先があります。
介護施設や福祉施設、スポーツチームなどで活躍できる可能性もあります。
専門学校では、就職先の紹介なども行われています。
学校によって就職先の充実度は違いますので、就職サポートがしっかりとしており、多くの就職先を紹介してくれる学校を選びましょう。
入学前には、どのような卒業生がどのような職場で活躍しているのかも調べておきたいところです。

質の高い先生がいる理学療法士専門学校は狙い目

まず理学療法士とはどのような仕事をする職業であるか、、また実際の勤務先について説明しましょう。
理学療法士とは身体に障害を持つ人の身体的運動機能を回復させ、機能の維持や向上させることを目的とし、自立した日常生活が過ごせるように医師の指示を受けつつ、運動の指導及び物理療法を行う医療技術者の事です。
別名PTとも呼ばれている彼らの行う理学療法は脳性麻痺や事故及び病気からくる障害、脳卒中などから来る後遺障害や、老化に伴う障害など年齢を問わず起きている様々な障害を対象としています。
この資格を得るには、専門学校に入学したあと資格に必要な知識や技術を学ぶのがベストな方法と言えるでしょう。
つまり理学療法士になろうと思うのであれば、専門学校へ進むのが最適な狙い目と言えます。
そして専門の高い知識を持ち、質の高い先生がいる学校をこそ、目指すべき学校です。
運動機能の回復が主な療法のため、患者の機能回復のための関節可動域の練習や、筋力の増強の練習、神経筋通運動や歩行動作など日常生活練習を通し、患者が自立した生活を送れるように指導も行います。
このほか温熱療法なども組み合わせた知識が必要で有るため、より高い知識と経験を積んだ先生に学ぶのがベストだと思います。

理学療法士の専門学校は一度見学してから決めるべき

ホームページを閲覧しただけですぐに応募するよりも、理学療法士の専門学校を決めるなら自分の足を使うと良いでしょう。
つまり一度出かけてみて見学してから決めた方が良い問うこと、パンフレットを取り寄せて読んだから大丈夫と思う人もあるかもしれません。
確かに公式サイトがわかりやすくできていることもありますし、学校案内には詳しい情報が書かれています。
ある程度の長い期間を学ぶことになるスクールですから、ウエブ上や資料という紙からはわからない、実際に見たり聞いたり触れたりする体験もあった方が安心です。
学校情報から人はあらゆることをイメージしますが、それは自分の中の印象を頭に描くことでしかありません。
本当に理学療法士の専門学校へ出かけてみたら、思っていたのとは違うとおころが出てくることもあります。
最寄り駅やバス停などからのアクセスや道路状況もわかりますし、周辺には実習へ行く病院などはあるかも確認できる機会です。

理学療法士専門学校の試験には小論文はある?

理学療法士専門学校の試験に小論文はある種の付き物です。
一般的な学科試験もありますが、これは本当に基礎的な学力を問うものであって、大学入試などと比較すると決して難しいものではないというか、率直に言ってしまえばそれだけの学力のある人の多くは大学に進学したいと思いますので、理学療法をはじめとする専門的な学校を進路に選ぶことはありません。
では頭の良さはどうでも良いかというと、それもまた違います。
このような学校の存在価値は、究極的には卒業後に国家試験に合格することにあり、入学ではいわばその候補生を選抜する意図があるのです。
これは学力もさることながら意志の強さやなぜこの進路を選んだのかという考え方の程度を重視することが多く、それは要するに何の考えも無しに漫然とこの道に進んだ人に比べると、前者のほうが多少の壁に突き当たったときにも何とか突破する力を持っているからということになります。
このような力量をみるために小論文が課されたりします。

地元で働きたい人は地元の理学療法士専門学校を第一志望にするべき

地元で働きたい人は、地元にある理学療法士の専門学校を第一志望にするべきです。卒業後に理学療法士として仕事をする場合に、学校と希望する勤務先との間につながりがある場合も多く、そのつながりを活かすことができるためです。理学療法士は国家資格ですから、資格を取得さえしていればそのようないわゆるコネはあまり関係ないのではないかと思う人もいるかもしれません。確かにその意味合いはあって、全国どこでも資格一本で就職できる可能性が一般的な事務職などに比べると高いことは事実です。しかしその一方で学校と勤務先にはそれなりのつながりがあるというか、卒業生との間にあると言ったほうが良いかもしれません。雇用する側も、単に資格と履歴書のみによって判断した上で面接して雇うのと、良く見知ったあの学校の卒業生で、その先輩が同じ職場にもいるというのとでは、安心感や信頼感が異なってくるのはむしろ当たり前の姿だということもできます。

地方と都会で理学療法士専門学校に違いはあるのか?

理学療法士になるためには専門の学校に通ってそこでしっかりと勉強をする必要がありますが、ここで問題となるのが地方と都会にある専門学校に違いがあるかと言う点です。仮に都会にある学校に通った方が有利になると言うのであれば実家から離れた場所にある場合には下宿などをする必要がありますが、合格率に有利不利になることはないのでそれほど心配することはないです。ではどういったところに違いがあるかと言えば都会にある理学療法士の学校の方が駅から近いと言う点で、公共交通機関を利用して気軽に通うことができます。ただ地方にあり駅から離れたところにあるからと言って必ずしもデメリットばかりではなく、通学の途中で参考書を見て勉強することができるので何も問題はないです。このように駅から近いかどうかに違いがあり交通の便の良さから言えば都会の方が便利ではありますが、それが合格に影響するとは言えないのであまり気にしないようにした方が良いです。

理学療法士専門学校は過去の国家試験合格率をチェックしておくことが大事

理学療法士の専門学校は、過去の国家試験合格率をチェックしておくことが非常に重要です。なぜ理学療法の学校に通うのかと言えば、最終的な目標は卒業後に受けることになる国家試験に合格することであり、パスして初めて資格を得ることができます。そのため、自分の先輩がどの程度資格者になったのかは、自分の将来を考える上で重要な要素であることは否定できません。このようなことは学校側も十分に認識しているというか、その数字で学校選びがなされるであろうことは間違いなく認識しています。むしろ積極的なアピールポイントにしていると考えても良く、調べればすぐに分かるくらいに公開されているはずで、そうで無い場合にははっきり言って率が悪く、あまり言いたくないからに違いありません。ただ、これはあくまで過去の平均的な割合に過ぎず、自分が受かることを保証してくれるわけでも何でもありませんから、その点は誤解のないようにしておく必要があります。

理学療法士専門学校は質問しやすい雰囲気が大事

理学療法士専門学校を選ぶときには、授業で先生に質問がしやすい雰囲気があるかは重要です。わからないことがあったときに、聞きたくても聞きにくい雰囲気ではそのままになってしまい途中で躓きやすくなります。気になったときにすぐに質問が出来て、その場で解決出来るのが望ましいです。また、目指すきっかけは人によって違いますし、勉強する中で興味がでてくる分野もありますが、例えば高齢者のリハビリに興味を持っている・脳卒中で麻痺のある人のサポートをしたい、小児のリハビリについて学びたい、スポーツでけがをした人のリハビリをしたいなど興味がある分野がある時にも、その分野に詳しい先生が在籍しているかもチェックです。学校のホームページなどで、先生のプロフィールや研究内容が掲載されていればそこで確認可能です。スポーツ障害で研究をしている先生がいれば、その分野の知識も深まります。理学療法の学校の近くに付属病院があるとよく。同じグループ内にあることでまめに見学実習や体験実習などが出来て、本番でも安心して挑めます。

生徒のことを第一に考えている理学療法士専門学校はおすすめ

理学療法士を目指している人は全国に沢山いて希望する職種に就くために勉学に勤しんでいますが、専門的な知識を得るために学校に通って勉強するのが一般的です。その時に確認しておくべきことは生徒のことを第一に考えて理学療法士専門学校はどこにあるかと言う点で、そういったところは最後まで面倒をみてくれるのでおすすめです。様々な学校があり駅から近い点をアピールしているところもあれば講義の内容が充実している点を強調しているところもありますが、自分が最も重要視していることとマッチしている学校はどこかをチェックすることが重要です。中には就職率が高く希望する会社に入れる可能性が高いところもありそういったところは比較的倍率が高いので、合格するために一生懸命勉強をすることが大切です。このように理学療法士専門学校は全国に沢山ありそこでは多くの人が学んでいますが、何よりも生徒のことを第一に考えているところを選ぶようにした方が良いです。

遠方の理学療法士専門学校に進学するなら学校紹介の賃貸物件がお得

最近では理学療法士の資格をとってその資格を使って仕事をする人が増えていますが、そのためには難しい国家試験に合格する必要があるので大変なことが沢山あります。
専門的な知識を得るために専門の学校に通って講義を受ける必要がありますし、それだけでは足りず予習や復習をしっかり行い授業に付いていくための努力をすることが大切です。
ただ夜間に授業を行っている学校も増えているので授業料が捻出できなくても昼間にアルバイトをすれば何とかなりますし、駅から近い距離にある専門学校も多いので比較的簡単に通うことができます。
通学を希望している専門学校が遠方にある場合には部屋を借りることになりますが、その場合には学校紹介の賃貸物件がお得になるケースが多々あります。
このように理学療法士になるには専門の学校に通ってしっかりと勉強をする必要があるので大変なことが色々ありますが、学校の方で様々なサポートを行っているのでわからないことがあれば遠慮せずに聞くようにした方が良いです。

理学療法士専門学校の定員は何人くらい?

理学療法士専門学校は2022年12月末時点で132校あります。
その132校の中で、定員が30名以下は5校、31~50名以下は81校、51~100名以下は32校、101~200名以下は4校です。
ほとんどの学校が、100名以下です。
だいたい一クラスの人数40名が標準です。
大学で理学療法士を目指す場合、大学には様々な学部があり人がたくさん集まるので一学部100名以上のところが多いです。
大学は興味のある幅広い分野を学ぶことができるのはメリットですが、みんなそれぞれ違う目標の持つ人達が集まる可能性が高いので、心細くなってしまったり、生徒一人一人に教員の目が届きにくいかもしれません。
しかし、専門学校は、クラスの人数が少ないため教員に一人一人丁寧に指導して頂けたり、同じ目標や将来の夢を持つクラスメイトがほとんどです。
理学療法士を目指すには、人数が少なくてアットホームな雰囲気のある学校を目指してみるのはどうでしょうか?

理学療法士の専門学校は大学に負けないハイレベルな授業を行う

怪我をした人が元通りの生活ができるようにサポートする、理学療法士になりたいと考えている方が多くいると思われます。
若い人から高齢の方まで様々な人のニーズがある仕事なので賢明な選択です。
病院だけでなく、整骨院など働く場所が多く存在していることも魅力です。
理学療法士は大学で学ばなくてもなることができます。
専門学校でもハイレベルな授業を行っているところが多くあります。
テキストでの授業だけでなく、実技や実習が用意されていて、高い技術を身につけることが可能です。
理学療法士の専門学校も多くの選択肢があるため、よくリサーチしてから決めることが重要になります。
どこも大体同じに見えるかもしれませんが、カリキュラムの内容や講師のクオリティ、卒業後の進路など異なる部分が少なくないです。
学費の安さだけで決めるのではなく、高いスキルを身につけることを重視した方が失敗しないです。
何のために勉強するのかを考えないといけません。

理学療法士専門学校は休学できる?

専門学校には病気や怪我による長期入院など、諸事情で通学が困難になった人を対象とした休学制度が設けられています。
理学療法士の専門でも採用している所は多くありますが、必ずしも全ての人が利用できるわけではありません。
休学は講師と相談をした後、学校の代表者に許可を貰うことで初めて適用されます。
何となくなど、申請の理由が不適正と判断をされると認可されません。
誰が聞いても納得できる明確な理由を用意しておく必要があります。
期間は当該学年が一般的ですが、特別な事情があれば期間を延ばすことも可能です。
制度を利用するに当たって、学費の支払いについて不安を抱く人も少なくありません。
授業料や理学療法の実習費は、原則利用した場合に発生する物です。
通常であれば期間中の支払いは免除されますが、支払いの有無は各学校の判断に委ねられています。
事務手数料や維持費など別途費用を請求されることもあるので、事前に確認しておかなくてはいけません。

理学療法士専門学校には本格的な実習室がある

様々な角度から勉強することができ優秀な講師陣が揃っていて講義が充実しているのが理学療法士専門学校で、そこに通うことによってスムーズに学習をすることができるので理学療法士を目指している人にとっては有難い存在です。
多くの講義の中から自分に合ったタイプの講義を選ぶことができ苦手な分野を集中的に学習することができるのでメリットはとても大きいですし、わからないことがあったら直ぐに教えてもらえる点も大きな魅力です。
また本格的な実習室があり何時でも気軽に利用することができて集中して勉強することができるので大変便利ですし、そこでしっかりと予習や復習をすることができるので本当に助かります。
充実した設備が整っていて何をすればよいかが見えてきますし、自分に合ったカリキュラムを作成してもらえるのでこれほど有難いことはないです。
このように理学療法士専門学校は講義の内容が充実している上に本格的な実習室があるので大変便利ですが、サポート内容に関しては学校によって違うのでその点に関しては十分に注意するようにした方が良いです。

理学療法の専門学校に通えばいろいろなメリットがある

理学療法の専門学校に通えば、3年で資格取得のための試験を受けることができます。
大学に通った場合、試験を受けるまでに4年の年月が必要になってきますが、専門学校を選ぶことで最短で資格を取得することができます。
できるだけ早く理学療法士になりたいと考えている方は、その希望を叶えることができるでしょう。
また臨床経験を多く積むことができるメリットも存在しています。
実際に患者さんと触れ合う機会も多くなっているので、働いていくうえで必要な能力を高めていくことが可能です。
他にも、大学に比べて授業料が安く抑えることができるメリットも大きいです。
理学療法について専門的に学びたいものの、費用が掛かりすぎてしまうとその希望を叶えることができません。
その点、費用を安く抑えることができるので、お金を抑えながら勉強していきたいと考えている方に最適です。
理学療法士になりたいと考えている方は、これらの特徴を把握しておくとよいです。

理学療法専門学校に通うデメリット

病気や怪我の影響で体が不自由になってしまった人を一人でも多く助けたい、誰かの出助けができるようなやりがいのある仕事に就きたいと希望している場合には、ぜひ人手不足が深刻な状態になっている理学療法士を目指してみることをおすすめします。
資格を持っていれば即戦力として現場で直ぐに働くことができるようになるので、ずっと安定した仕事をしていきたいと希望している方にとっては目指して損はない職業の一つになります。
しかし、理学療法士を目指すためには専門学校に通って基礎からしっかりと学ぶ必要が出てくるので、学校選びに失敗して後で後悔することがないように、専門学校に通うデメリットについて詳しく紹介していきます。
想定されるデメリットについては、一人あたりの学費が高額であることです。
全てのカリキュラムを終えるまでに3年が必要になるので、その間学費を支払う続けるとなるとかなりの負担をしいられることになります。
また、覚えることが沢山で頭が混乱してしまうこと、勉強対策をしっかりと行っていかないと国家資格試験に不合格になってしまう確率が高くなることがあるので注意が必要です。

トラブル解決!理学療法を学ぶ為の専門学校

現代社会、日本では超高齢化が進み慢性的な身体の不具合によってQOLが低下している高齢者がいらっしゃいます。
そこで私達、理学療法の専門学校ではそういった方々が少しでも日常生活で今よりも快適にしたり今の出来てる事を少しでも長く持続をし続けられるようサポート技術の習得を目指します。
色々なトラブルを抱えた方々のニーズに応えてその人に合わせたサポートの実現を目指します。
私たち若者世代が理学療法的知識を学ぶ事によって現役を退かれた人生の先輩を支え、また私達が年老いた時には今までの経験や知識を後世に引き継ぐ事により社会全体を支え合う優しいシステムを築く事に大いに貢献する事が出来ます。
1人は皆の為に、皆は1人の為に考え、行動し、思いやる事が心身共に健やかになる為に必要です。
この専門学校で学ぶ事は今後立ち向かうであろう様々な人生における障壁を越えていく為の力になり、卒業する頃には胸を張って社会に出る事が出来る事をお約束します。

理学療法の専門学校には年齢制限はある?

理学療法士というのは、国家資格を持つ一つの専門職です。
就職がなかなか決まらないときや、何社も落ち続けるといったときに、国家資格を一つ持っていると就職に有利である場合もあります。
その時に、理学療法士というのを検討する人も少なくありません。
実際に専門学校を見てみると、高校から進学してくる人も多いですが、大学卒業後に進学するしてくる人も少なくありません。
また一度社会に出て働いた経験がある人でも、何か手に職をつけたいと希望して、理学療法士への道を目指す人もいるのです。
この時に疑問になるのが、専門学校の入学に年齢制限はないの?といったことではないでしょうか。
基本的には理学療法士になるための学校の入学条件として、年齢は関係といえます。
やはりいくつになっても志のある人、やる気のある人などが勉学にもより励みますし、専門性を極めたいという気持ちを強く持っていることが多いため、いくつになっても頑張ることが出来るのです。

進路として理学療法の専門学校を視野に入れる

自分の進路を決める段階になると、どんな方向に進むべきか頭を悩ませる人もいるでしょう。
そのような場合は、何か資格を得られるものを検討するとよいです。
その一つが理学療法士です。
これは国家資格を必要とする仕事であり、取得することが出来れば病院を始め企業や行政、また自分がトレーナーなどで開業することも可能になります。
どんなことが出来るのかというと、身体の仕組み、運動や機能の仕組みを理解し、それを日常生活の中に生かしていくという仕事内容になります。
理学療法はリハビリをする人と単純に結び付けて、進路の視野に入れていない人も少なくありません。
しかし、身体の動きや機能に興味がある人は、検討してみてもいいのではないでしょうか。
理学療法士は専門学校に進学し、最終的に国家資格を取得すればいいため、大学に進学するよりもある意味、学力に不安がある人にとっては入学しやすいともいえます。
そのため、自分の将来を見据えたときには選択肢の一つとして考えてみましょう。

理学療法,専門学校に関する情報サイト
理学療法士専門学校を選ぶには

このサイトでは理学療法士に就業して将来の職業生活を目標に掲げている方にむけて、受験生活やその後の就職までを視野に入れて活用できるコンテンツを各種御紹介しています。国家資格であり専門的知見を必要とするため専門学校を経由して受験生活を乗り切ることが基本的なルートになります。国家試験を意識した内容であればどこの学校を選んでも同じと考えがちですが、学校選びは周辺環境もふまえて慎重に判断しないと後日後悔するかもしれません。

Search

更新情報